各FX業者の週明け朝のスプレッドの広がりを比較してみたらSBIFXトレードが優秀でした

週明けに調査しようと思っていたスプレッドの広がりの差を調査してみました。

ほとんどの業者がドル円は0.3銭前後の固定スプレッドを提示しているものの、週明けや早朝、指標前後は広がります。

その中でも広がらないところはどこか調べてみました。

私のメイン口座のマネーパートナーズnanoはスプレッドがあまり開かなかったんですが、ここ数か月早朝は若干開きが大きくなった気がします。。どうしたんでしょうね(-_-;)。

 

11月6日の7:00に調査しました。5分間チェックしてみました。その後30分後の開きを調査。

まず、マネーパートナーズnano・・・4.9銭~4.6銭

DMMFX・・・2.4銭

ヒロセ通商・・・なんと10銭

SBIFXトレード・・・0.27銭

外為ジャパン・・・2.4銭

マネーパートナーズFX・・・4.9銭

ほとんどのFX業者が10分以内に0.3銭程度に戻りましたが、まだスプレッドが広がったままだったところは、30分経過してもスプレッドが広かったです。

マネーパートナーズFXは30分後も1.9銭でした。そして、ヒロセ通商はなんとずっと10銭広がったままでした~。

超優秀だったところが、2番目にメインの口座で使っているSBIFXトレードという結果でした。

早朝の週明けでも固定スプレッドの0.27銭のままでした!優秀ですね!

同じマネーパートナーズでもnanoとマネーパートナーズFXでは最初は同じでしたが、nanoはすぐにスプレッドが閉じました。

 

ということで早朝でもスプレッドが広がりにくいFX業者はSBIFXトレード

早朝はちょっと残念なところはヒロセ通商

ということでした。

スプレッドが広がり時間帯は早朝、指標前後が多いのでその時間帯にやらなければ問題ないので、約定力の高いヒロセ通商はその時間を避けてトレードすればオーケーですね!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です