マネーパートナーズのかんたんトレナビは使えるのか

マネーパートナーズかんたんトレナビという機能があります。各社、予測系の機能は色々ありますので、まずはマネーパートナーズかんたんトレナビを紹介していきます。

マネーパートナーズのかんたんトレナビはパソコンのほうでもスマホのほうでも利用可能です。

自分が見ている足種とテクニカルを選択します。それぞれの時間足とテクニカルによって売りなのか買いなのか結局どっちなの!?となりますよね。下は日足のボリンジャーバンドを選択しました。総合判断では日足は売りも買いもほとんどバーの長さが同じなのでどちらに買えばいいか判断が迷いますよね。一応買いになっています。

クリックすると横に日足の判断ポイントのグラフが現れます。

↑マネーパートナーズFX

かんたんトレナビでは、未来予測分析もしてくれて過去のチャートデータから未来のチャートの動きを予測しています。

シグナルごとの明細データは発生したシグナルによる売買の、1 回の取引の損益を 1pip 単位(0.1pip 単位は四捨五入)で表示していて、累計データはシグナルに沿って売買を行った場合の、取引の累計損益を表しています。現時点での下のチャートだと平成29年の6月頭から9月7日までを日足ボリンジャーのシグナル通り取引すると、-1,334pipsとなります(笑)ちなみにユーロ円の同じくボリンジャー日足だと+12,000pipsです。桁違い(-_-;)

マネーパートナーズかんたんトレナビ

このかんたんトレナビだけでトレードして成果を上げるのは難しいんじゃないかなと私は思います。

この期間、ユーロ円のボリンジャーは成果を上げているけれどずっとではないのです。

やはり裁量トレードでエントリーポイントを見極めて入らないとダメってことですね(自分はまだできてないけれど)

使い方としては、自分が利用しているテクニカル分析と判断が一致したときなど補助的に使うのがいいかと思います。

極めている人はもしかしたら、マネーパートナーズのかんたんトレナビのみを判断にトレードしているかもしれませんね。ひとつのものをとことん使って極めるのは大事なのでそれもありかもしれません。

なんにせよ、利益がでないとどうにもならないので、参考になれば使ってみてくださいね!