マネーパートナーズアクセス障害の原因は!?

マネーパートナーズアクセス障害の原因はサイバー攻撃

2017年9月14日午前中一時間弱、マネーパートナーズのスマホアプリもパソコンのホームページもつながりにくいアクセス障害が発生していました。

ここ5年半使っていて、入れないなと思ったのはほとんどないですが、今日は1時間近く入れなかったので大丈夫かとちょっとしんぱいになりました。

ポジションは9万通貨ロングで持っていて、含み益も20pips以上あったし逆指値も入れていたので慌てはしませんでしたが・・。

なんで入れなくなっていたのかホームページにお知らせが載っていました。

マネーパートナーズシステム障害
マネーパートナーズ
さ、サイバー攻撃!?なんておそろしい・・。

D-DOS攻撃って何と思い調べてみました。

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、情報セキュリティにおける可用性を侵害する攻撃手法で、ウェブサービスを稼働しているサーバやネットワークなどのリソース(資源)に意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスを妨害する攻撃、サービス妨害攻撃である。(ウィキペディアより)

「Dos攻撃」では、ハッカーのマシン(PC)から直接、対象のWebサイトへトラフィックを大量におくる方法ですが、
「DDos攻撃」では、ハッカーが多数の無関係なコンピュータに侵入して、それらのコンピュータから一斉に、対象のWebサイトへトラフィックを送る仕組みになります。

とありました。結局やった人の目的はなんでしょう。とても迷惑なのでやめてほしいです(-_-;)。

やはり、1つのFX業者だけを使うより、2社、3社と分散して投機することもリスク分散になるんだなと感じた出来事でした。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です