マネーパートナーズ


私の愛用口座、マネーパートナーズ。

マネーパートナーズの5年以上つかっていての使用感、いいところ、悪いところをまとめてみました。口座開設を検討している方がいたら参考にしてみてくださいね。

目次
1.マネーパートナーズの魅力
2.マネーパートナーズの取引方法
3.スマホアプリの紹介
4. マネーパートナーズのイマイチなところ
5.マネーパートナーズに向いている人とは
6.口座開設方法
7.おすすめな機能(通信簿『トレポ』、連続注文、かんたんナビ)
8.基本情報(注文方法の種類、100%信託保全、会社情報)

☆☆☆マネーパートナーズの魅力☆☆☆

1.小額取引に向いているマネーパートナーズには、マネーパートナーズFXマネーパートナーズnanoがあって、初心者向けにマネーパートナーズnanoを使うことをお勧めしています。というか、大口の取引をする人でなければ、絶対マネーパートナーズnanoを使ったほうがいいです。100通貨からできるので1000円あればできます。

マネーパートナーズ選べる口座2種類

2.約定力が高い

マネーパートナーズの約定力には定評があり、株式会社矢野経済研究所が実施した、主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストにおいて、調査結果中唯一、スリッページ発生率0%、約定拒否発生数0件で、「すべらない約定率」第1位となっています。5年以上使い続けていますが、びたっと約定しています。

3.大口取引にも対応、取引数量無制限

大口取引や、スキャルピングで何度も取引したい人にとって、1日の取引数量に制限があると困りますが、マネパートナーズは無制限となっています。1回の最大発注数量も300万通貨となっているので安心です。(ユーロ円、豪ドル円で300万通貨、そのほかのペアは200万通貨まで)

4.ストップ狩りやサーバーダウンなどがない安心感

「よくストップ狩りをされた」という話を聞きますが、使っていて一度もありませんでした。他の業者のチャートを見ていると、不自然なひげが出ることがありますが、マネーパートナーズのチャートは動いていないということがたまにあるので、安心して使っています。また、FXをしていると相場が大きく動いたときなど、フリーズすることがありますが、マネーパートナーズはほとんどありません。平成29年の9月に1度サイバー攻撃を受けて数十分動かなくなったことがありましたが、他社に比べるとそういったトラブルは少ないです。マネーパートナーズへのサイバー攻撃について、ブログで記事を書いているので興味があれば見てください。

取引方法

マネーパートナーズnano取引画面

カラフルで見やすい取引画面で使いやすいです。チャートは機能が限られているので参考程度にみるだけで、私は使っていません。

マネーパートナーズのクイック発注ボードでの取引方法について⇒『マネーパートナーズnanoで100通貨トレード練習をしよう』

スマホのアプリも使いやすいです。nanoとスタンダードのアプリ↓

↓実際のトレード画面。背景色は黒なので私的にはDMMFXみたいにカラーが選べたらうれしい。チャートを見ながらスマホだけでトレードができます。画面切り替えしないで成行注文をします。逆指値や指値は設定しておけば同時注文できるので安心です。

〈マネーパートナーズのイマイチなところ〉

1.情報系のツールが少ない

FXプライムや、DMMFXのように情報ツールや経済情報などのツールは充実していないです。情報は他社で得るのがおすすめです。

2.通貨ペアが少ない

通貨ペアは20ペアで少な目です。マイナー通貨をやりたい人には物足りないかもしれません。

マネーパートナーズの通貨ペア20ペア

3.スワップがイマイチ

スワップポイントはこれといって、高い!という印象がなく、中長期で保有してスワップを狙っている人には向かないです。

高スワップの他社との比較(買いスワップ同日比較)

GMOクリック証券 マネーパートナーズ DMMFX SBIFXトレード
ドル円 48円 12円 29円 43円
南アフリカランド円 130円 100円 120円 140円

4.デモ口座がない

デモでバーチャルな取引から練習したい人には残念なことに、デモ取引がありません。ただ100通貨からできるので、デモと変わりなく損しても数十円、数百円という感じです。

☆マネーパートナーズに向いている人☆

◎初心者でFXをこれから始めようと考えている人(小額取引ができる)(機能がシンプルで使いやすい)

◎他社を使っていて約定がすべったりすることに不満があり、約定力を優先したい人

◎スキャルピングをしたい人(約定力が高いため)

◎大口取引がしたい人、1日の取引数量を気にせずにFXをしたい人(マネーパートナーズFXを使う)


~マネーパートナーズの口座開設方法~

マネーパートナーズの口座開設は簡単です。マイナーなところの口座は開設するのに滅茶苦茶手間がかかるし、余計な電話はかかってくるし面倒ですが大手の有名どころはたいてい簡単です。マネーパートナーズも1ページで完結しているので、10分もあれば開設の手続きはできます。

記入内容は、

〇ガイド・規約等への同意項目に、はい・いいえで答える。

〇マイナンバーや本人確認書類の提出(アップロードかメール送信か郵送が選べる

〇名前、性別、国籍、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、職業、年収、金融資産、投資経験の有無、投資目的、どこでマネーパートナーズを知ったか

を記入します。

↓口座開設はこちらから

〈マネーパートナーズのおすすめの機能を紹介〉

マネーパートナーズならではの機能やツールを紹介します。

1.マネーパートナーズFXの通信簿機能

nanoにはないですが、マネーパートナーズFXを1か月に50回以上取引している場合に使える機能で『トレポ』という通信簿があります。自分のトレードの収益や勝率、滞空時間などの評価を計算してくれて、グラフで出してくれます。総合的なアドバイスもしてくれますよ。

マネーパートナーズnanoでも使えたら便利なんですが残念ながらマネーパートナーズFXのみです。

2.連続注文機能

マネーパートナーズの連続注文機能を使えば、レンジ相場で何度も繰り返し発注するように注文できるため、上手に使えば便利です。証拠金は1回分で済むので低コストでトレードができます。

詳しい使い方は、マネーパートナーズの公式ホームページの連続注文ページを見てください。

連続注文のブログ記事はこちら⇒『マネーパートナーズの連続注文をやってみた』

3. かんたんトレナビ

マネーパートナーズのかんたんトレナビは、売り時や買い時が一目で分かるようになっていて、売買シグナルをトレードの参考にすることができます。予測分析もあるため、過去の類似チャートから割り出した今後のチャートの予想を見ることができます。

詳しくは公式ホームページのかんたんトレナビのページを見てください。

かんたんトレナビのブログ記事はこちら⇒『かんたんトレナビは使えるのか』

〈マネーパートナーズの基本情報〉

選べる注文の種類:ストリーミング注文、成行注文、全決済注文、一括決済注文、指値注文、逆指値注文、IF-DONE注文、OCO注文、IF-OCO注文、連続予約注文、※₁トレール注文、※₂時限成行注文

※₁トレール注文・・・レートが有利に動いているときは、その動きに連動して自動的に決済価格が有利に変更される注文方法。一番有利になったレートから30pips下がってきたら自動で決済するなど。

※₂時限成行注文・・・保有するポジションが指定した時間(○月○日○時○分)になったら成行で決済注文が執行される注文方法。

〈マネーパートナーズは100%以上の信託保全〉

マネーパートナーズは三井住友銀行及びみずほ信託銀行にて、証拠金100%全額信託保全を行っています。顧客から預かった資産は100%プラスαの信託保全を謳っていて、万が一の事態があっても預かり資金は安全に返還される、としています。プラスαってなんだろうと思い調べてみたら、顧客の資金に一定金額(プラスα)を上乗せした金額を信託保全しているとのことで当日発生した利益や保証金はしっかり守られています。

株式会社マネーパートナーズのデータ

東証一部上場企業グループ
設立 平成20年5月9日
代表者 奥山泰全
資本金 31億円(平成23年3月31日時点)
株主 株式会社マネーパートナーズグループ