ハイレバレッジは危険、という間違った考えについて

「ハイレバレッジは危険」というのは間違った考えです

たまに、FXやってるんですと知り合いに話すとFXの知識がある人に「危なくない?」「ハイレバレッジでやってるの?それはいつか失敗するから、低めにやったほうがいいよ」と言われることがあります。

それは、正しいことなんですが、手法や資金によっては危険ではないんです。

どういうことかというと、

危ないと世間で思われているのは、大金を失うリスクが高いんじゃないか、25倍ってことは50万円の資金でやるなら1250万円分の資金で運用しているってことでしょ、怖い!

っていうことだと思います。

では、2つの例をみてください。

Aさん

自己資金500万円

レバレッジ2倍程度で10万通貨でのトレード

逆指値は必ず10pipsで入れる、ナンピンはしない

Bさん

自己資金50万円

ハイレバレッジ25倍で資金力ギリギリ10万通貨のトレード

逆指値は必ず10pipsで入れる、ナンピンはしない

AさんもBさんも自己資金以外は同じです。

Aさん 10万通貨で取引しマイナス10pipsで決済→マイナス1万円

Bさん 10万通貨で取引しマイナス10pipsで決済→マイナス1万円

当然、通貨量が同じなので10pipsの逆行でAさんもBさんも同じくマイナス1万円です。逆指値をしっか入りれていれば、レバレッジが25倍でも2倍でも同じことになります。ただ、続けて負けるとBさんは証拠金がすくないため、10万通貨かけ続けることができず9万通貨、8万通貨となっていくだけです。

レバレッジよりも、どれだけの通貨量(lot)でどんな手法やルールでトレードするかのほうが大事なのです。逆指値を入れないでトレードしたり、ナンピンしたりすると、50万円の自己資金で10万通貨でやっていたらあっという間に資金は尽きるでしょう。1円くらいの上がり下がりはいつでも起こるので逆指値を入れなかったらマイナス10万円になってしまいます。

 

私は、1口座に50万円の資金を入れてトレードしています。ハイレバレッジでいつもロスカットぎりぎりの通貨量でやります。証拠金維持率は110~105%くらいです。そして、マネーパートナーズnanoでは証拠金維持率が99.9%になると強制ロスカットします。↓現在のマネーパートナーズnanoポジション証拠金維持率は102%。

50万円でできる通貨量は、10~11万通貨くらいがめいっぱいです。マネーパートナーズnanoは10万通貨までしか1回に取引できないため10万通貨でやっていますがSBIFXトレードのほうは60万円に増えたら13万通貨といった具合に通貨量をふやしていっています。そして、必ず逆指値を10pipsでやっているので10万通貨ならマイナス1万円で損切り、13万通貨ならマイナス1万3000円で損切りとなります。

仮にうっかり逆指値を入れなかったとしても、証拠金維持率が99.9%になると強制ロスカットされるので、20pips程度逆行してカットされてもマイナス2万円程度となります。

というわけで連続で負け続けなければ危険ではないのです。(ルールをしっかりさせていなければ連続でも負けますが・・)

<ハイレバレッジでやるポイント>

〇口座に自己資金を多く入れすぎない

〇レバレッジよりも通貨量が自分に合っているかを考える

〇逆指値は絶対に入れる(なるべく狭く)

〇証拠金維持率が100%を切ったら強制ロスカットされるFX口座を使う

ハイレバレッジだから危険!というのは間違いですというお話でした。

ただ、なるべく通貨量は多くしないほうが安全なのは確かなので、自分の資金に見合ったトレードを心がけましょう!初心者は手法が安定するまではしばらく100~1000通貨でやったほうが無難です。

マネーパートナーズnanoは証拠金維持率100%切ると強制ロスカットになるため、FX初心者の方は安心して使えるFX業者の一つです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です