FXの手法を使う上で、大事なこととは

FXの手法を使う上で大事なこととは

私は1日に20~40回くらいのトレードを、2、3口座を利用してやっていました。最近はなるべく無駄なトレードを減らそうとしていますが、チャートを見たらすぐに相場認識を数秒で済ませてさっさと売りか買いか決めて注文していました。

言ってみれば適当なトレードです。そして、その大半が自分の勝率が高いと思っているところ以外のところから入っていました。成功するときももちろんありますが、負けることもかなり多かったです。それでもトータルプラスで今のところ来れたのは、正しい手法でトレードしている部分でマイナスになったところを補っていたからでした。

大敗した週の土日は、チャートを振り返って正しい手法のところだけでトレードしていたらどうだったのか確認していました。冷静に見たら今週はプラスで終わっていた。ということが多々ありました。

次の月曜日、「手法をしっかり使えるところだけでやろう!」と決めて始めます。でもすぐにいつものように適当なところでトレードしてしまいます。

なんで、自分はルールも守れないんだ。ほんとにダメだな・・。と自分を情けなく思うこともありました。

なぜ、できないのか考えた結果、

手法よりも、自分の勘のほうが信頼しているからということに気づきました。

勘でやっているトレードで何十万も儲けているから、自信があるからです。でも勘トレードも負け続けてくると信用できなくなってきて「やっぱりちゃんとした手法でやらないと、安定しない。」と思ってくるのです。それの繰り返しでした。安定して毎月収益を上げるには感情に流された勘トレードでは無理です。数か月なら大丈夫かもしれませんが、いつか数年後大きな失敗をやらかして資金を飛ばすことになります。

ではどうしたらいいか。

FXの手法をルール通り使い、その自分の選んだ手法を信頼すること

なのではないかと思いました。

ただその信頼するというのが難しい・・。信頼するためには「この手法でなら勝てる。トータル儲かる」という実績を自分の中で積み上げないといけないと思います。

逆張りは、よく私はやりますがエントリーするときは疑心暗鬼になります。

だって、ものすごい上昇してる流れ(短期の足で見ると)の時にその流れに逆らって入るんですから。川の流れと反対方向に川の中を歩いている気分?毎回ほんとに正しいの?と思います。

何回も何回も手法でエントリーして自分の手法を信頼していくことが大事です。私もまだまだ、できていないので頑張りますね。

8/10のトレードです。

あさイチの△部分で三角持ち合い上抜けしたと仮定して買いエントリー。動きが早く一瞬で10pips損切りし、もう一回立て続けに負けました(´;ω;`)

その後は4時間足から上の足をみるともう上がれないなという形だったため様子を見て15分足でジェットコースター型になったのを確認して1つ目の〇で10pipsとりました。

その後は入れず寝てしまったのですが子供が夜中に起きた時ちょうどいい形になっていたので2つ目の〇のところでショートで入って寝ました。15pipsくらいに指値をずらして寝たら朝起きたらとれてました☆

昨日はほぼ±0です。とりあえずプラスで終わったからよかったということで・・。

8/10 +7,000円

そして、10pips 抜き手法じゃないほうの口座は夜中に109.70からショートしてそのままうっかり決済し忘れたおかげで次の日に持ち越しました。その分は8/11で集計します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です