雇用統計でもマネーパートナーズnanoは最強と思った瞬間

雇用統計でもマネーパートナーズnanoは最強と思った瞬間

8月4日の雇用統計はずっとロングポジションを持っていたのですが直前で何を思ったのかショートしてしまいあっさり逆指値にかかりました。

一気に60pipsくらい窓あいてしまって、「うわー、やっちゃったー!」と思いました。

マネ-パートナーズnanoの口座85000通貨でやっていたのですが、窓が開いたので30,000円くらいはマイナスになったかなと覚悟しました。が、なんとそのままの10pips分の-8500円のみの損失で済みましたよ。

110.11くらいでショートしたけれど、約定履歴を見たら110.58からショートして110.68で決済されていることになっていました。

こういった指標の時はトレードしないようになるべくしているのですが、誘惑に負けてしまいました(笑)こんな時にとてもありがたいですね。マネーパートナーズありがとう!

もう一つのSBIFXトレードのほうも頑張っていて、窓が開いたため110.68くらいで決済されてもおかしくないですが、110.38で決済されていました。110.21くらいで逆指値をいれていたので滑ったのは17pipsくらいですね。110,000通貨でやっていたのでけっこう痛手ですが・・。

というわけで、初心者で10万通貨以内のトレードをするならマネーパートナーズnanoがおすすめです!

SBIFXトレードもスプレッド0.27と狭いし、1通貨からトレードできるので安心です。




 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です