4時限目 FXは収支表をつけることが成功への近道

FXの収支表をつけよう

みなさんはFXでトレードしたあと、毎日収支表をつけていますか?つけている人は少なくないのではないでしょうか。

収支表は過去のFXのやり方や成績を記録することで、トレードを振り返ることができるので大事です。

各FX業者でオリジナルの収支表としてトレード日記や成績表を自動でつけることができるので紹介します。

また、私は2口座使っているので収支を毎日合算するためにシューナさんの収支表を使って集計しています。

[シュナ-さんのFX損益計算表]

FX 損益計算表 (為替の資産管理)
FX 損益計算表 (為替の資産管理)byシュナーさん

こんな感じで毎日の損益を記録できます。私の5年間で一番輝いていた平成29年5月の収支表です(笑)

①通貨ペアはコード別になっており「1」を入れたら米ドル円が自動的に入ります。

②通貨量を入れます。私は1口座10万通貨でやっているので10と入れます。

③注文日と決済日を入れます。

④注文と決済日の買値と買値を入力します。

⑤あとは自動で損益率や最終損益やpips数が入力されます。さらに上の月間収支表も自動で入力されます。さらに下の通算の表も出ますよ。

損益ベスト10銘柄や損益ベストの取引日もわかります。去年からつけてますが、とても便利ですよ。

[マネーパートナーズFXのトレードレポート]

私はマネーパートナーズnanoを使っているので利用できないのですがマネーパートナーズFXのほうはトレードレポートというものがあります。nanoでも利用できるようになったらありがたいです。

総合的に自分のFXトレードを見直してくれます。アドバイスまで(笑)毎日の収支表をつけるようなものは特にありません。

※このトレードレポートは月に50回以上の決済がなければ発行されないので、単純に1日2,3回のトレードをするデイトレードの方向けです。

[GMOクリック証券のトレード日記]

GMOクリック証券のトレード日記は決算損益累計や決算損益の推移がグラフで出るので視覚的にも収支がわかりやすいです。毎日の評価損益が表になっているのは集計する手間が省けて便利ですね!