初心者向けFX講座

FX口座の開設とネット銀行の開設

最初に、必要な準備をはじめます。

パソコン(スマホ)とインターネット環境、お金(1万円~20万円くらい)そして時間があれば次に用意するのは

まず、FX口座を開設することです!

どうやって?

どこの会社がいいか、多すぎてわからない。

私もそうでした。8社くらい開設しましたが、使ってるのは3つです。最近順調に儲けていたのですが、ある海外のFX会社の口座を開設したばかりに200万くらい大損してせっかくの利益を飛ばしてしまいました。なぜかというと、スプレッドが1.9~2.0くらいあったからです。

普段0.3でトレードしているので6~7倍だったんですね。

スプレッドの広さは、スキャルピングからデイトレードには致命的でした。負けだすと、平常心を失って、滅茶苦茶なトレードをし始めます。

FX会社によって、同じく取引をしても儲かるところと、儲からないところがあります。

どこが絶対いいということはないのですが、トレードスタイルや何を重視しているか(スプレッドなのか約定力なのか、チャートの見やすさなのかなど)、相性というのもあります。

今回はいろいろなFX会社の中から、私が安心して使っている会社で説明していきます。


⑴メイン口座

マネーパートナーズ(nano)

良いところ・・初心者は絶対おすすめな小額投資ができます。100通貨からできるマネーパートナーズnanoを私も使っています。あと、スプレッドが0.3からほとんど動かないのが一番の魅力です(マネーパートナーズFXではなく、マネーパートナーズnanoがおススメです。)

⑵サブ口座

SBIFXトレード

こちらもFXを始めた初期のころから愛用している口座です。スプレッドは業界最小0.29とかなり狭い!そしてスプレッドが広がらないので使いやすいです。

⑶パソコン使用時の検証用

GMOクリック証券

色々なチャートを使ってみましたが、一番見やすいしシンプルで使いやすいです。検証用に週末使っています。(土曜日メンテなナンスで使えない時間があります)

口座開設はこちら

 

ヒロセ通商

ヒロセ通商の魅力はやはり99.9%の約定力かと思います。色々なFX業者で取引してみましたが、マネーパートナーズとヒロセ通商は滑らない安心感があります。通貨ペアも50通貨ペアと豊富なので、マイナーなペアでトレードするのが好きな人にはうれしいところです。

あとは注文方法のレパートリーが多くトレール、時間指定成行注文、pips差決済注文、金額指定全決済注文、トリガー注文など特殊なものがあるのも魅力です。

インターバンク直結取引をしているヒロセ通商はスキャルピング取引に向いています。スキャルピング取引によって口座が凍結なんて話を聞くこともあるかと思いますが、ヒロセ通商はスキャルピングOKになっています。ただし注意が必要なのが、早朝などスプレッドが広くなりやすいということです。時間帯によっては注意が必要です。指標時間や朝、深夜などの時間帯に取引しなければ問題ないです。

口座開設はこちら

 DMMFX

DMMFXの魅力は、最初に驚くのが口座を開設するともらえるキャッシュバックが最大20,000円もあることでしょうか。初めたばかりの方にとってキャッシュバックはありがたいですよね。


②ネット銀行の開設(すでに持っている方は不要)

ネット銀行がなぜ必要かというと、FX会社の口座への入金や出金に便利だからです。手数料も安く入金はすぐに反映されます。出金はSBIFXトレードは午前に出金すると翌日が土日祝でなければ翌日朝には振り込まれます。

おススメはジャパンネット銀行楽天銀行です。このへんは好みで選んでください。ほかの銀行でもネット銀行ならいいと思います

 

これで、FXを始める準備ができました。

次の時間は、

  2時限目 デモトレードを学ぼうです。