9月2週目成績はほぼプラマイゼロ。

9月2週目成績はほぼプラマイゼロ

9月は北朝鮮のミサイルの影響で相場が乱降下したり、荒い動きが多い感じがしますね。

長期でポジションを持っていると含み益が建て値なんてこともあってスイングの人はなかなか収益が上がらなかったのではないでしょうか。木曜日の111円前後の乱降下にはほんとにショックを受けました(笑)

9月に入ってから成績がとても悪いので、いったんマネーパートナーズのみにして様子をみました。第二週はマネーパートナーズだけの成績なのですが・・・なんとプラマイゼロです・・(笑)

シューナ損益表

だいたい9万通貨~10万通貨でのトレードになっています。

金曜に救われました。早朝のJアラートが鳴った時にショートしてすぐに利確、その後110円台に戻ってから下げなかったため押し目と判断してロングを何回も繰り返しました。21時半の指標前に111円台から落ちそうな様子だったためトレードをやめて寝たのがよかった。朝起きたら下がっていました。木曜日も5万円くらいプラスだったのに21時半の指標前の急落でマイナスにしてしまったので金曜は慎重にいきました。

こんな感じでは今月マイナスで終わってしまうかもという不安が出てきました(-_-;)

心配なこととといえば、北朝鮮の今後の影響と安心していたマネーパートナーズのアクセス障害。金曜日はDMM FXもログインできなくなったりSBI FXTRADEも少しのあいだ固まったようです。確認のためにログインしたら使えていたので数分のことでしょうか。DMMは30分くらいはログインできない状態が続いたようです。他のFX業者も各社スプレッドがおそろしく開いたり、システム障害が出たりしていたようですね。ここ2日GMOクリック証券
のほうもチャートをずっと出していましたが、フリーズすることはなく、ログインできないといったこともなかったです。

ただ、チャートがちょっと不安定だなと感じました。レート配信が何回かずれて遅れたりしていたように感じました。それほど影響はありませんでしたが・・。

このことから分かるように、前回は安定していたFX業者だからずっと安心ということはなく、各社でいつ何が起こるかわからないということです。

個人のトレーダーができる対策と言えば、

①常にトレードをしないで時間を限定的にすることで危険リスクを減らす。

②FX業者を1つに限定しないで複数社使い分けて、通貨量を分散させる。(1社フリーズしても他社が使えているなら、損害が減る)

③同じ時間帯で大きな通貨量の取引をしない。(有事の際に合計の通貨量が大きいと各社で分けていても方向が同じなら結局大損するため)

④追証なしの海外FX業者を取り入れてみる(私は使い方を誤り失敗したので、しばらく使用するのは無理ですが)

⑤金曜の夜にはトレードをやめて週末持ち越さない。

でしょうか。リスクをなるべく抑えてトレードしていきたいですね。私も頑張ります(^◇^)。


2週目+336円

9月-240,168円

2017年トータル +679,911円

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です